ゴミ屋敷

若い人がゴミ屋敷を作ってしまう要因

片付け

若い人もゴミ屋敷を作ってしまうことがあります。若い人が作るゴミ屋敷とは、高齢者が作るゴミ屋敷と少し違います。高齢者が作るゴミ屋敷は、物がもったいなくて捨てれなくなり、ためてしまうというケースです。その為、生ゴミや汚いゴミではなく、不用品やガラクタ、置物などが多いのです。一方で若い人が作るゴミ屋敷は、本当のゴミだらけなのです。
食べ残しのお弁当や、ペットボトル、空きカン、紙くず、お菓子などの袋になります。その為虫やカビが繁殖して不衛生になるのです。若い人がこのようなゴミ屋敷を作る要因に、ゴミ出しの複雑化があります。都心部では地方に比べてゴミ出しのルールが細かくなっています。曜日ごとにも分かれていて、分別ができていなければ、回収してもらえません。そうすると管理人の人や、近所の人に苦情が入ります。
そのような苦情が怖くて、ゴミ出しをすることができなくなる人も少なくありません。ゴミ出しができなくて部屋にゴミが溜まってしまうのです。お弁当一つでも、燃えるゴミ、プラゴミ、リサイクルゴミなど別れます。きちんと分別ができていないと怒る近所の住人もいます。わざわざ分別ができているか人のゴミをチェックまでする人もいます。ゴミの分別に慣れない人にとったら、都会の細かなルールのゴミ出しは大変難しく感じるのです。こういった理由が積み重なって、ゴミ屋敷の原因となっていきますので注意しましょう。

ゴミ屋敷を未然に防ぐには

ゴミ屋敷と聞くと、どんなに汚い部屋なんだろうと思います。友人を招くにも大がかりな掃除をしなければいけません。普段は掃除をしないで放っておけば、整理をしないので楽ですが、誰かを簡単に招くことができません。また、普段から汚い部屋にいると何となく怠くなる生活になることでしょう。では、ゴミ屋敷を未然に防げばいいと感じたので、その方法について2つ提案します。まず1つ目は、普段から整理整頓をする…

More Details

Choices

TOP